IT関連会社への就職は理系でなくてはダメってことはない

「IT系への就活」と言いますと、理系分野専攻の人が求められていると思うでしょうか。ITエンジニアにしましても、理系の人ばかりだと思っている人が多数ですからね。
しかし実際は違いますよ。確かに割合的には、IT技術者となりますと理系畑の人間が多いものです。大学での専攻も理系の学問だったりします。
けれど、文系分野出身の人もいるんです。「大学では文学部でした」という現ITエンジニアもいるんですから。ですからもしもIT関連会社に興味がある人で、文系分野専攻であってもIT系企業への就職に望みがないわけではありませんから。
それにIT関連会社にしても、文系の能力って必要ですからね。なぜなら、ITエンジニアにならないにしても、取扱説明書を書いたり、カスタマー対応をする人だって必要なわけですから。カスタマー対応については、文系理系で分けられませんが、取扱説明書については文系の力が強いと言えるでしょう。
だからこそ、「IT関連会社への就職は理系でなくてはダメ」ということはないのです。そのことを「IT系への就活」にあたって覚えておくといいでしょう。

IT系会社への就活にしてもアピールすべきは社会人としての常識

IT系への就活にしても、真面目さをアピールすることが就活成功のひけつだと思っています。もっとも私が初めてIT系への就活体験をしたのは学生のころだったのですが、他の企業に関する就活とあまり変わらないように思いました。
IT系への就活にしても、転職となれば自分のこれまでの実績や今現在のスキルをアピールするところですが、学生の就活ですから実績といってもたかが知れています。
そしてまた、アプリケーション開発に関するソフトにしても、なんだかんだと言いましても「さわりぐらいはできる」程度の技術ですから。その中で何をアピールするのかというと、やはり真面目さ、勤勉さかだと感じました。
また、社会人として通用するということをアピールするためにも、文章はしっかりと書きましたし、マナーに関しても気をつけました。実際に私が採用試験を受けたIT系会社にしても小論文の試験がありましたから。
採用を決めるIT会社側としても、学生ですから技術よりもまずは「一般常識が備わっているか」ということを見たかったのでしょうか。その点は転職時においても通じていると感じましたね。

IT系就活体験談

わたしは、大学で就職活動はIT企業に就職できたらいいなと思っていました。。IT企業の募集案内をみていると、他の業種の企業より給与が高いのです。そして、小さいころから、宇宙にあこがれていてロケットをつくりたいなという思いがあったのです。IT企業の就職活動を始めると、まず企業が用意した適性検査を受けました。IT企業に向いてるのは、理数系が強い方が採用されやすいみたいです。そして、面接のときに言われたことは、残業は当たり前で、仕事の納期が間に合わないようになると、残業どころか会社で寝泊りすることになります、へたすると何日間は家に帰れません、それも男女問わず家に帰れませんが大丈夫ですかと厳しく言われました。まだ、学生の身分だったし、若いから体力あるし、社会の厳しさをあまり想像できなかったのです。そして、2~3社くらいIT企業を受けました。その結果、採用されました。その中の1社に入社し、毎日が勉強です。大変です。

IT系の女性エンジニア就活とは

IT系の女性エンジニアとして就活する場合、やはり質問を受けるのは、結婚後も仕事を続けたいか否かなど、はっきりと質問してくるケースが多いです。女性は結婚・出産などでライフスタイルも大きく変化するので、社員として折角成長できても、ライフスタイルが大きく変化したことで、仕事を続けられなくなるのは会社としてもマイナスな部分になるため、きちんと確認することが大切になります。働く上でチームワークなども必要になるため、きちんと自分の考えを面接時に伝えておくことは大切なポイントになります。結婚後も仕事を続け、スキルアップしていきたいという気持ちを伝えたところ、納得して頂けたようで、スムーズに面接が進み、採用されました。将来的なビジョンや入社後にどのような仕事をしたいかなど、筋道を立てて説明することは何より大切になります。面接した会社について、きちんと下調べしておき、欲しい人材とはどういうタイプか把握することも大切です。

IT系の就活体験はスキルをアピール

IT系はプログラマー、ネットワーク、データベース、ウェブ作成など様々なエンジニアを募集しています。今までのキャリア、取得した資格をどう活かして作業を行ったかなど、具体的に伝えることは何より大切になります。今までのキャリアを活かして、転職後はどのように活用できるか、どう業務をこなしていくことができるかなど、具体的にわかるようになります。まず、自分の今までのキャリアを明確にわかりやすく伝え、それから入社後はどのような業務に携わって伸ばしていくことができるかなど、スキルアップや資格取得についても、きちんと伝えることは大切になります。キャリアを伸ばすことも大切ですが、業務はチームワークも必要なので、しっかりと自分の考えを伝えることも大切だなと実感しました。また、転職を既に経験している場合は、何故IT系に再度転職したいと思ったか質問されるので、仕事に対する考え方の違いなど伝えたことが、転職成功へつながりました。

IT系で上手に就活するには

IT系で就活する場合、この人は採用されたいと思うような人材に思われるように印象つけることは大切だと感じていました。IT系へ転職する方は多いため、その中から魅力的な人材であることは大切だと考え、今まで経験した仕事のスキルやイーラーニングで取得した資格など上手にアピールすることができました。やはりIT系は資格保有者は大切なことですし、任せてもらえる仕事の幅も広がるので、重宝されます。仕事をしながらスキルアップすることは大切だと実感し、そのこともハッキリと伝え、転職もスムーズにできました。IT系は転職を何度も繰り返す方もいるので、就活をする祭には、きちんとした目的を持っていることを説明したことで、好印象になったようです。就活は、自宅からの距離や子育てとの両立を目指し、スキルアップすることを伝えました。子供が熱がでた場合は、在宅勤務もできるようですし、かなり子育てママも働きやすい環境だと実感することができました。

IT業界で必要とされる人材について

IT業界の採用が新卒の学生に何を求めるのか、もちろん即戦力で様々なプログラムやプロジェクトを任せられるスキルがあるに越した事はありません。しかしながらここはスタートが一緒でも構わないと考えているわけです。それよりも実際に何人かプレイヤーとしてのITのスキルを積んだ後にいかにプロジェクトマネジメントを負かすことができるか、営業やクライアントと直接コミニケーションをとりながらどのように企業にとってのメリットをもたらすかの人材かがポイントになってきます。要するに単なるITの技術者ではなくジェネラリストとして企業を支えていく人材がいるかどうかと言うポイントです。単なるITスキルが高いだけでは企業にとってメリットをもたらすことが少ないとされます。ビジネスマンとして、経営者としてもそれをがある人材を企業としては求めているわけです。
そして、そのような人材を探すことこそ採用担当者のミッションに挙げられています。

未経験でも業界の知識は必要

これは新卒時代に行った就活での話で、今から8年ほど前のことになります。当時、私は物理科学系を扱う理学部に属した学生で、3年生になると10月には他の学生と同じく一斉に就職活動を始めました。研究室に属していたため大学院への進学の道もあったが、前々からパソコンに興味があったため、プログラミングができるIT業界に集中して就活を行いました。
プログラマーを中心としたIT業界の求人で多くは経験不要と書かれていたり、必要なプログラミングスキルは会社に入ってから十分に習得できると先輩から話を聞いたりしていたため、畑違いではあったが、安心して就職活動を進めることができました。ところが書類選考を通っても1次面接で落とされることが多く、初めはこの理由がわからなかったが、面接の流れで最近興味のあるニュースを聞かれた際にスムーズに答えられない場面が多いことに気づき、それは事前に業界に対して興味を持っていないことがわかり、それ以降、しっかり下調べした上で挑むようにすると内定を得られました。

IT業界の就活で準備しておくべきこと

一般的な就職活動と同じく志望動機や学生時代に何をやってきたか、尊敬する人物は誰かといった基本的な事は心得ておくべきかと思います。しかしながらIT業界ならではの独自の質の猛威ので自分自身でイメージしておくことが重要だと思います。例えば将来どのような社会になればいいか、自分自身はどのような社会を作っていきたいか、ITの力で何ができたら良いかなどと主観的なものの考え方を問われることが多くあります。 一般的な就職活動と同じく志望動機や学生時代に何をやってきたか、尊敬する人物は誰かといった基本的な事は心得ておくべきかと思います。学生時代にどのような過ごし方をしてきたかによってこのような準備した回答も説得力が変わってくると思います。少なからずアルバイトでも構わないので何らかのミッションに関わった人間でなければ説得力のある回答ができないと思います。それだけに学生時代からアルバイトでも構わないので何らかのミッションに関わることをお勧めしたいと思います。それがIT業界の仕事であればなおさら良いでしょう。

IT系の企業はエントリーシートが手書きではない場合もある

IT系の企業はインターネット環境という特性を生かして採用活動を行っているところもあります。そして、そういったところの中にはエントリーシートが手書きではないケースもあるのです。エントリーシートや履歴書はたいてい手書きのケースが多いですが、私が就活をしていたときにはIT系の企業はエントリーシートが手書きではなく、あらかじめ用意されたフォーマットに記入してデータで送るケースが何度かありました。そして、中にはエクセルのフォーマットが用意されていて、そこに記入していくというタイプの企業もあったのですが、エクセルが上手く使えない人はなかなかそのエントリーシートを仕上げるのが大変だったように感じます。私自身もそういった機会に遭遇しましたが、エクセルでエントリーシートを仕上げる機会というのはなかなかなかったので、ちょっとだけ苦労しました。大学でエクセルなどの使い方を一通り習っていたので、基本的な使い方は知っていたため、そこまで苦労はしませんでしたが、中には手書き以上に大変に感じるかもしれないエントリーシートというのがあるので、IT系の企業を受ける予定の人はエクセルなどの基本的になオフィス系のソフトの使い方はマスターしておいた方が良いと思います。