IT系会社への就活にしてもアピールすべきは社会人としての常識

IT系への就活にしても、真面目さをアピールすることが就活成功のひけつだと思っています。もっとも私が初めてIT系への就活体験をしたのは学生のころだったのですが、他の企業に関する就活とあまり変わらないように思いました。
IT系への就活にしても、転職となれば自分のこれまでの実績や今現在のスキルをアピールするところですが、学生の就活ですから実績といってもたかが知れています。
そしてまた、アプリケーション開発に関するソフトにしても、なんだかんだと言いましても「さわりぐらいはできる」程度の技術ですから。その中で何をアピールするのかというと、やはり真面目さ、勤勉さかだと感じました。
また、社会人として通用するということをアピールするためにも、文章はしっかりと書きましたし、マナーに関しても気をつけました。実際に私が採用試験を受けたIT系会社にしても小論文の試験がありましたから。
採用を決めるIT会社側としても、学生ですから技術よりもまずは「一般常識が備わっているか」ということを見たかったのでしょうか。その点は転職時においても通じていると感じましたね。