IT業界で必要とされる人材について

IT業界の採用が新卒の学生に何を求めるのか、もちろん即戦力で様々なプログラムやプロジェクトを任せられるスキルがあるに越した事はありません。しかしながらここはスタートが一緒でも構わないと考えているわけです。それよりも実際に何人かプレイヤーとしてのITのスキルを積んだ後にいかにプロジェクトマネジメントを負かすことができるか、営業やクライアントと直接コミニケーションをとりながらどのように企業にとってのメリットをもたらすかの人材かがポイントになってきます。要するに単なるITの技術者ではなくジェネラリストとして企業を支えていく人材がいるかどうかと言うポイントです。単なるITスキルが高いだけでは企業にとってメリットをもたらすことが少ないとされます。ビジネスマンとして、経営者としてもそれをがある人材を企業としては求めているわけです。
そして、そのような人材を探すことこそ採用担当者のミッションに挙げられています。